ピッタリッチ

特殊構造の高機能フィルターで有害物質対策をします。

花粉やPM2.5など、空気の悪いのが気になることはありませんか?アレルギーや喘息、のどの痛み。

 

 

世界にひとつだけのオーダーマスクが注目を集めています。0.1ミクロンの穴のメッシュフィルターを用いている為、汚れた空気を通しません。

 

 

ノロ、鳥インフルなどの目に見えない細菌。99%不活性化効果のある殺菌成分を染み込ませていて、2次感染のリスクを軽減させることができます。

 

 

洗濯しても効果が落ちないので、長く使えるのもエコです。

 

 

スキージャンプの葛西、清水礼留飛、伊藤大樹選手やプロゴルファーの吉田弓美子選手も愛用中で、体調管理をしっかりしないといけないアスリートの間でも注目されています。

 

 

オーダーメイドで作る世界に一つだけのマスクです。

 

 

使い捨てタイプだけでなく、再利用タイプもあってコスパが良いのも人気です。

 

 

マスクはとりあえずつけているというだけでは、結局あまり意味がないことも。

 

 

内容を確認して、つけるからにはきちんと有害物質をブロックしてくれるものを選んで購入したいところですよね。

 

ピッタリッチ花粉・風邪・ウイルス・PM2.5対策に対応しています。

プリントタイプもあって、かわいらしいデザインから選ぶこともできます。女性やキッズ向けに気に入ったタイプを購入して、長く使うのもいいですよね。

 

 

従来のマスクは静電気が発生しがち。静電気が発生すると、マスクの隙間から微粒子がどうしても侵入してしまいます。

 

 

静電気を発生させない特殊加工をしてあるので、寄せ付けない、侵入させないマスクです。微粒子もしっかりブロックします。

 

 

フィルターも販売しています。エアコンに貼り付けて使用するのに便利なサイズで、部屋の中の空気の汚染が気になる時にも重宝です。

 

 

中国に駐在している家族の間でも、口コミで評判になっています。

 

 

PM2.5フィルターマスク、防菌・防ウイルス+PM2.5フィルターマスク、放射性物質+PM2.5フィルターマスクと、オーダーマスクも用途によってさまざまです。

 

 

サイトからも、メールでもオーダーができます。マスクがフィットしないのが気になっていた人も、これでつけやすくなります。おすすめです。

 

有害物質対策に役立つピッタリッチ

マスクは風邪やインフルエンザの季節はもちろん、花粉が気になる季節にもとても役立ってくれるものです。

 

 

最近はその種類もより豊富となり、メイクが落ちにくいタイプやメガネが曇りにくいタイプなども登場しています。

 

 

そして、マスクはやはり有害な物質の侵入をしっかりと防いでくれることが大切ですので、機能性の優れたものを選んでいきましょう。

 

 

マスクをしていたにもかかわらず、花粉症の症状が治まらない、風邪を引いてしまったという場合もありますが、この場合はマスクの隙間が原因している場合があります。

 

 

多くのマスクは顔とマスクの間にある程度の隙間がありますが、その隙間が広いとその間から有害な物質やウィルスが侵入してしまうことになります。

 

 

くればあ社のピッタリッチは鼻、頬、顎部分にも形状記憶ワイヤーが採用されており、隙間がなく、有害な物質からしっかりとガードしてくれます。

 

 

それから、ウイルスや花粉が侵入してしまう原因としてはマスクの隙間はもちろんですが、そのほかにも静電気があります。

 

 

マスクをつけていてもそこに静電気が発生してしまうと花粉などを吸い寄せやすくなってしまい、隙間から侵入してしまうことになりますので、その対策も行っておくことが大事です。

 

話題となった羽生結弦の日の丸マスクも販売!

ピッタリッチは静電気を発生させない特殊加工が行われており寄せつけず、隙間からの侵入を許さず2重に微粒子をブロックしてくれます。

 

 

その効果についても第三者機関での検証も行われておりその実力も確認されています。

 

 

ウイルスや花粉から守ってくれることはもちろん、圧倒的に微粒子を通さない機能で防臭、防菌、坊ウィルスの高機能フィルターが追加されPM 2.5対策にも役立ちます。

 

 

それから、放射性物質も気になるところですが、マスクと放射性物質吸着フィルターを重ねて使うことで放射性物質を吸着除去し体内に入れることを防止する放射能対策マスクです。

 

 

ピッタリッチの購入はインターネットから行うことができ、何回も使える再利用タイプ、使い捨てタイプ、オーダーメイドタイプから選ぶことができますので、それぞれの目的に合わせて選んでいきましょう。

 

 

シンプルな無地タイプはもちろん、再利用タイプはユニークなプリント柄も用意されています。

 

 

新聞など多数のメディアでも紹介され信頼と実績がありますし、取引実績も病院や原子力発電所、介護施設、給食センターなど幅広く利用されています。

 

 

今までのマスクで良い結果が得られなかった人やより高い花粉やウイルスの防止効果を期待する人はこうしたマスクを試してみてはいかがでしょうか。

 

マスクの効果は隙間が90%のジャマをする!

日本は世界一のマスク大国です。風邪やインフルエンザの予防目的や花粉症などで一年中マスクを手放せない人も多いのではないでしょうか?

 

 

巷には50枚入り数百円で、ちりやホコリ、インフルエンザウイルス、花粉を99%カット!などと高機能かつ低価格を謳ったマスクが溢れていますが、ちょっと待って!

 

 

そのマスク小鼻やサイドに隙間が空いていませんか?マスクが謳う遮蔽効果はマスクの素材がもつ遮蔽効果です。

 

 

だから隙間があればウィルスや花粉は確実に侵入してきてしまうんです。

 

 

つまり、せっかくの高機能マスクでも隙間があれば効果は僅か10%程度。それでもむき出しよりはマシですが、予防効果に期待しているのなら「隙間の出来ないマスク」に着目すべきでしょう。

マスクをしていると却って危険?それってどうして?

 

また、隙間の出来るマスクをしていると却ってホコリや花粉、ウィルスなどを引き寄せてしまっている危険性があります。

 

 

それが「静電気」の仕業!ご存知の通り静電気は二つの物体の間に発生して互いを引き寄せ合う作用があります。

 

 

多くのマスクは不織布とコットンなど静電気を発生しやすい素材で出来ています。

 

 

つまり、隙間があるマスクをしていると更にホコリや花粉、ウィルスなどを引き寄せてしまい、隙間から簡単に侵入を許してしまうのです。

 

ピッタリッチなら隙間知らず!

<>

此れまでに説明してきた通り、本当に風邪やインフルエンザウィルス、PM2.5や花粉を予防したいのならマスクに隙間はNGです。そこで紹介したいのが「ピッタリッチ」!

 

 

「ピッタリッチ」(くればぁ社製)は今までのマスクの問題点を徹底的に分析!効果を実証するために第三者機関を使って検証した安全性の高いマスクです。

 

 

では、ここで第三者機関で行なった機能性テストの結果の一部をご紹介しましょう。

 

 

「帯電試験」:一般的なマスク→5,000V以上、くればぁ製マスク→200V以下(一般的なマスクの1/30以下の静電気発生率)

 

 

「PM2.5の吸着テスト」: 一般的なマスク→2級、くればぁ製マスク→5級(最高ランク)

 

 

PM2.5は花粉やハウスダストよりも微細な粒子ですからPM2.5をシャットアウト出来ればこれらの侵入もシャットアウト可能です。

 

 

また、PM2.5よりも微細なインフルエンザウィルスや風邪ウィルスに対してはマスク表面にウィルス対策フィルターを装着。

 

 

フィルターには滅菌効果の高い4級アンモニウム塩が配合されているので確実にウィルスをやっつけてくれます。

 

 

更に福島第一原発で社会問題となった放射性セシウムを99%吸着するフィルターを着脱可能な仕様になっています。

 

 

更に通気性アップのためのクッションフィルターを入れる事で呼吸が楽になりますので、遮蔽性の高いマスクにありがちな息苦しさもありません。

 

 

安価なマスクは使い捨てが基本ですが、ピッタリッチは洗って何度でも使えるのが特徴です。

 

 

洗濯の際には放射性セシウム除去フィルターを外してから洗濯するようにしてください。

 

>>ピッタリッチ【最安値】通販ショップはこちら<<